血圧の変化

 

ひぽぽ


どーも、こんにちは、
ひぽぽです。

 

『ミノキシジルタブレットUSP 2.5mg』を飲み始めてからほぼ1ヵ月が経ちました。

 

前回記事を書いてからも、気になる副作用はほとんどありませんでした。

たまに、「あれ、つま先しびれてるかな?」と、一時的にかすかなしびれを感じることがあった程度です。

初期脱毛のほうも特に変わりはなく、まだ続いています。

 

このように、状態は安定しているのですが、ふと、

「ミノキシジルで血圧が下がってるはずだけど、どのくらい下がってるんだろう?」

と、気になりました。

 

 

ミノキシジルを飲み始める以前の血圧

ミノキシジルタブレットを飲み始める以前、4月末頃に受けた健康診断は次のような結果でした。

最高血圧130mmHg・最低血圧76mmHg

 

血圧の正常域は最高血圧139mmHg以下、最低血圧89mmHg以下(日本高血圧学会『高血圧治療ガイドライン』より)ですから、正常な血圧です。

 

ミノキシジルを飲んだ後の血圧は?

さて、ではミノキシジルによって血圧はどう変化するのでしょう。2日間調べた結果が下の表とグラフです。

ミノキシジルによる血圧の変化1

ミノキシジルによる血圧の変化2

 

ミノキシジルによる1日の血圧変化

 

血圧は起床時から少しずつ上がっていき、夕方頃から下がっていくのが普通です。

ところが、最高血圧を見てみると、薬を飲んだ後に下がり、その後1日中低い状態が続いています。

一方、最低血圧はあまり変化していません。

 

また、最も低かった最高血圧の値は102mmHgでした。

一般に、最高血圧が100mmHg未満の場合が低血圧とされるので、低血圧の一歩手前のレベルまで血圧が下がっています。

先に書いたとおり、ミノキシジルを飲み始める以前、4月末頃の最高血圧は130mmHg(午前9:30頃測定)でしたから、ミノキシジルの作用により、最高血圧が最大で25mmHg下がっていることになります。

 

ミノキシジルを飲むときの注意点

私の飲んでいるミノキシジルタブレットは、1錠当たりのミノキシジル含有量が2.5mgのものですが、血圧に大きな変化が起こっていました。

ミノキシジルタブレットには、1錠当たりのミノキシジル含有量が5mgのものや10mgのものもありますが、これらのものを使う時には十分な注意が必要でしょう。

 

ミノキシジルを使用する場合は、ミノキシジル含有量2.5mgのものを1日1回飲むところから始め、血圧や副作用の様子を見ながら続けていくことをお勧めします。

 

こんな3,000円くらいのやつで十分なので、血圧計を買っておきましょう。

タニタ デジタル血圧計 手首式 パールホワイト BP-210-PR

クリックでAmazon の商品紹介ページへ)

 

くれぐれも効果を焦って無理をしないようにしましょうね。

それでは、また。

 

<現在使用中の育毛剤>

  • 『フィンペシア』(フィナステリド使用6年目)
  • 『ミノキシジルタブレットUSP 2.5mg』(使用1ヵ月目)

 

おすすめ記事

【次回】
抜け毛本数に変化が!
ミノキシジルの初期脱毛開始から1ヵ月、抜け毛が減ってきた!

 

『ミノキシジルタブレットUSP 2.5mg』のこれまでの記事は
カテゴリー〈ミノキシジルタブレット〉

 

ミノキシジルタブレットブログトップページに戻る

Pocket