ザガーロ・デュタステリド

 

ひぽぽ
どーも、こんにちは、
ひぽぽです。

 

育毛に関心のある人なら、男性型脱毛症(AGA)に対して高い治療効果のある成分フィナステリドのことは聞いたことがあると思います。

【フィナステリドの詳細はフィナステリドとミノキシジル(AGAに効果のある成分)にて】

 

そのフィナステリドより強力な成分デュタステリドを配合した育毛剤『ザガーロ』が、2016年の6月から販売開始になりました。

『ザガーロ』は、前立腺肥大症の治療薬『アボダード(日本名:アボルブ)』が名前を変え、AGAの治療薬として厚生省に承認されたものです。

 

では、このデュタステリドという成分、効果や副作用はどんな感じなのでしょう?

 

 

デュタステリドの作用

AGAの原因は、ジヒドロテストステロン(DHT)という物質です。

DHTは、5α-リダクターゼという酵素の働きによって、男性ホルモンのテストステロンが変化して作られます。

【AGAの原因の詳細はAGAとは?にて】

 

デュタステリドは、5α-リダクターゼの働きを阻害することでDHTの量を減らし、薄毛・抜け毛を改善します。

 

この作用は、フィナステリドと同じです。

ただし、違う点もあります。

 

5α-リダクターゼには1型と2型の2種類があり、フィナステリドは2型を、デュタステリドは1型と2型の両方を阻害します(下図)。

 

デュタステリド・フィナステリドの5α-リダクターゼ阻害作用

 

1型と2型の両方を阻害するデュタステリドの方が、フィナステリドよりDHTを抑える効果が大きくなり、改善効果も大きくなりそうですよね。

実際のところ、これら二つの成分ではどのくらい効果に差があるのでしょう?

 

デュタステリド vs. フィナステリド:発毛効果

下の表は、デュタステリドとフィナステリドを1日1回24週間投与した時の毛髪数の変化を調べた結果です。

 

<頭頂部円内(直径2.54cm円内)の毛髪数>
(数値はザガーロ医薬品インタビューフォームを参照)

フィナステリドの効果

 

プラセボ(有効成分を含んでいない見せかけだけの薬)との差は、デュタステリド0.5mgを投与した場合が+94.4本、フィナステリド1mgを投与した場合が+61.4本です。

このように、

デュタステリドは、フィナステリドのおよそ1.5倍の発毛効果を示しています。

 

デュタステリドの副作用

効果が大きいほど副作用も起こりやすいのでは?

気になりますね。

では、副作用発現率を調べた実験の結果(下表)を見てみましょう。

 

<デュタステリドの副作用発現率>
(数値はザガーロ医薬品インタビューフォームを参照)

フィナステリドの副作用発現率

 

デュタステリドの副作用発現率は、0.1mg服用で21%、0.5mg服用で16%です。

主な副作用はフィナステリドと同様、勃起不全や性欲減退などです。

【フィナステリドの副作用の詳細はフィナステリドとミノキシジル(AGAに効果のある成分)にて】

 

この数字だけを見ると、

「デュタステリドの副作用発現率、結構高くない?これ、大丈夫?」

と思ってしまいます。

 

でも、デュタステリド0.1mgの副作用発現率はフィナステリドと同じ程度で、デュタステリド0.5mgではフィナステリドより低くなっています。

また、プラセボでも副作用発現率が15%あります。

 

これらのことから、

デュタステリドの副作用発現率は、特に高いわけではない

ということが分かります。

 

デュタステリド配合の育毛剤

発毛効果と副作用について見てみると、

「なんか、デュタステリド飲んでみても良いかも。」

と思えてきました。

 

デュタステリド配合の育毛剤にはどんなものがあるのでしょう?

いくつか挙げておきます。

 

『ザガーロ』

  • 1箱30カプセル : 9,000円程度(病院によって差があります。)
  • 0.5mg/1カプセル
  • グラクソ・スミスクライン社製(イギリス)

前立腺肥大症の治療薬『アボダード(日本名:アボルブ)』が、育毛剤として厚生省に承認されたものです。

通常は皮膚科で処方してもらいます。

『プロペシア』の価格は1箱28錠:7,000円程度なので、それに比べるとやや高くなります。

配合濃度0.1mgのものもありますが、デュタステリドの効果や副作用のデータを見てみると、0.5mgの物を利用するのが良いと思います。

 

『アボダード(日本名:アボルブ)』


  ↑ 個人輸入代行「オオサカ堂」:『アボダード』のページはこちら

  • 1箱30カプセル : 3,000円程度(価格は為替レートの影響により変動します。)
  • 0.5mg/1カプセル
  • グラクソ・スミスクライン社製(イギリス)

『ザガーロ』の基となった前立腺肥大症の治療薬です。

日本では前立腺肥大症の薬としてのみ承認されています。

そのため、育毛剤として利用する場合は、個人輸入で入手する必要があります。

副作用が気になる人は、最初は皮膚科で『ザガーロ』を処方してもらい、しばらく様子を見るのが良いと思います。

 

『ベルトリド』

 ↑ 個人輸入代行「オオサカ堂」:『ベルトリド』のページはこちら

  • 1箱100錠
  • 0.5mg/1錠
  • Intas Pharmaceuticals社製(インド)

『ザガーロ』の基となった前立腺肥大症の治療薬『アボルブ』のジェネリック品です。

ジェネリック品なので、価格は大幅に安くなります。

日本では未承認なため、個人輸入で入手する必要があります。

デュタステリド配合の育毛剤は通常カプセルですが、『ベルトリド』は錠剤です。

 

 

『デュタス』


  ↑ 個人輸入代行「オオサカ堂」:『デュタス』のページはこちら

  • 1箱300カプセル
  • 0.5mg/1カプセル
  • Dr.Reddy’s Laboratories社製(インド)

『ザガーロ』の基となった前立腺肥大症の治療薬『アボルブ』のジェネリック品です。

ジェネリック品なので、価格は大幅に安くなります。

日本では未承認なため、個人輸入で入手する必要があります。

ちなみに、富士フィルムとDr.Reddy’s Laboratories社は提携し、日本向けジェネリック医薬品を製造する合弁会社を設立しています。

 

 

『デュタプロス』


  ↑ 個人輸入代行「オオサカ堂」 : 『デュタプロス』のページはこちら

  • 1箱30カプセル
  • 0.5mg/1カプセル
  • Kocak Farma社製(トルコ)

『ザガーロ』の基となった前立腺肥大症の治療薬『アボルブ』のジェネリック品です。

ジェネリック品なので、価格は大幅に安くなります。

日本では未承認なため、個人輸入で入手する必要があります。

 

まとめ

デュタステリドについて、次のようなことが分かりました。

  • デュタステリドは、フィナステリドのおよそ1.5倍の発毛効果を持つ。
  • デュタステリドの副作用発現率は、特に高いわけではない。

 

今使っている『ボントレスローション』の効果がなかったら、その後どうしようかと思っていたのですが、デュタステリドという選択肢もありですね。

デュタステリド配合の育毛剤『ベルトリド』は、入っているのが100錠でちょうどいい量ですし、値段も比較的安いです。

使うとしたら『ベルトリド』が良さそうです。

 

もし私が使う時は、また効果や副作用について報告していきますよー。

 

おすすめ記事

【次ページ】
さっそく、『ベルトリド』を取り入れた育毛計画を立ててみました。
私の完璧な育毛計画

 

ミノキシジルタブレットブログトップページに戻る

Pocket