リステリンで歯茎からの出血が止まった!

 

ひぽぽ喜び
どーも、こんにちは、
ひぽぽです。

 

「泡立たない液体歯磨きじゃ、磨いた気がしないぜ。」とずっと思っていた私ですが、半年ほど前から液体歯磨き『リステリン トータルケア ゼロ』を使っています。

 

なぜ突然、液体歯磨きを使い始めたのか?

きっかけは、歯茎からの出血が続いていたことでした……。

 

というわけで、今回のお話は液体歯磨き『リステリン トータルケア ゼロ』の使用感・効果などについてです。

 

 

『ガム・デンタルペースト』では効果なし、歯茎の出血が止まらない!

ここ数年、右上の奥歯と奥歯のすき間からよく血が出ていました。

特に痛みもないので、歯肉炎(歯茎が炎症を起こし、はれたり出血したりする)のせいだと思います。

 

対策として歯肉炎の予防効果がある歯磨き粉『ガム・デンタルペースト』を使っていましたが、改善されず。

 

「うーん、なんか歯磨き粉の有効成分がすき間に届いてない気がする。そうや! 液体なら狭いすき間にも届くはず!」

と思いつき、液体歯磨きを使ってみることにしました。

 

さっそく近所のドラッグストアで歯肉炎の予防効果がある液体歯磨きを探したところ、『リステリン トータルケア ゼロ』が良さそうだったので、とりあえず買ってみました。

 


【Amazon.co.jp限定】薬用 LISTERINE リステリン トータルケア ゼロ おまけ付き 1000mL ノンアルコールタイプ [医薬部外品]

 

『リステリン トータルケア ゼロ』の使い方・使用感・効果

『リステリン トータルケア ゼロ』は『リステリン トータルケア』の低刺激タイプで、アルコールが使われていません。

私が『リステリン トータルケア ゼロ』を選んだのも、「低刺激ってなんかよく分からんけど、まあ、刺激が少ない方がええやろ。」と思ったからです。

 

『リステリン トータルケア ゼロ』の使い方は、次のようになっています。

  1. 適量を口に含み、30秒ほどよくすすぐ。
  2. 吐き出して、そのままブラッシング。
  3. 水で口をすすぐ。

 

使ってみてまず感じたのは、

泡立ちがないのでよくブラッシングできる

ということです。

やっぱり実際に使ってみないと、何が良いのか分かりませんね。

 

次に感じたのは、

食後口の中に残る汚れ・味・臭いがスッキリ取れる

ということです。

このスッキリ感は、歯磨き粉で磨いたとき以上です。

 

リステリンの効果

 

でも、良い点ばかりじゃありません。

 

最後に水で口をすすいだ後、口の中が乾いたようなキシキシした感じがします。

そして、ゴム? のような独特な味を少し感じます。

 

また、ケホケホと軽いせきが出ます。

せきが続くわけではなく、時々せきが出る感じです。

キシキシ感やゴムのような味はしばらくすると消えますが、せきは半日ぐらい続きます。

 

Amazonのレビューを見てみても、使用後の口の中の不快感について書いている人が何人もいました。

せきが出たという話はなかったので、せきが出るのは私だけのようです。

 

このように使用後に問題があったので、通常なら1日2回朝晩使用のところを晩に1回だけ使用することにしました(朝は『ガム・デンタルペースト』)。

それでも使い続けているうち、

いつの間にか歯茎から出血することがなくなっていました。

 

『リステリントータルケア』と『リステリン トータルケア ゼロ』の違い

この記事を書いていて、ふと「そう言えば、アルコールが入ってる『リステリン トータルケア』はどんな感じやろ?」と思ったので、買って試してみることにしました。

 


【Amazon.co.jp限定】薬用 LISTERINE リステリン トータルケア おまけ付き 1000mL [医薬部外品]

 

使い方は『リステリン トータルケア ゼロ』と同じです。

 

「『リステリン トータルケア ゼロ』とそんなに変わらんやろ。」

と思って口に含むと、

 

痛い! めっちゃ舌がヒリヒリする!

 

口をすすいで吐き出した後もヒリヒリは続き、ブラッシング中もガマンしなければいけません。

とにかく早く口をすすぎたい!

 

リステリンが痛い

 

ブラッシング後、水で口をすすぐとヒリヒリ感はすぐに消え、ほっと一息。

『リステリン トータルケア ゼロ』の低刺激の意味がようやく分かりました……。

 

ところが、

水で口をすすいだ後は、口の中がすごくスッキリ!

『リステリン トータルケア ゼロ』のような使用後の不快感もありません!

 

このように、『リステリン トータルケア』の使用感は『リステリン トータルケア ゼロ』とは全く違うものでした。

 

まとめ

なんとなく選んだ『リステリン トータルケア ゼロ』でしたが、歯茎からの出血に効果がありました。

ただし、『リステリン』も『ガム・デンタルペースト』と同じように医薬部外品で、治療ではなく予防が目的の製品です。

必ずしも症状の改善が見られるわけではない点には注意です。

【医薬部外品とは?⇒育毛剤の医薬品・医薬部外品・化粧品は何が違うの?

 

また、アルコール含有タイプの『リステリン トータルケア』も使ってみましたが、使用感が全然違いました。

両者の違いをまとめておきましょう。

 

  • 『リステリン トータルケア ゼロ』
     口に含んだときの刺激はないが、使用後に口の中がキシキシしたり、ゴムのような味を感じたりする。
  • 『リステリン トータルケア』
     口に含むと舌がかなりヒリヒリするが、使用後はとてもスッキリする。

 

効果に違いはないので、どちらを選ぶかはその人の好みですね。

使用後に少し不快感があるものの、『リステリン トータルケア ゼロ』の方が落ち着いてブラッシングできるので、私はこちらの方が好きです。

 

ただし、どちらのタイプもくせがあるので、人によっては使えないかもしれません。

歯肉炎が気になっている人は試してみる価値があると思いますが、まずは250mLや500mLの小さいサイズを買うことをおすすめします。

 


薬用 LISTERINE リステリン トータルケア ゼロ 500mL ノンアルコールタイプ [医薬部外品]


薬用 LISTERINE リステリン トータルケア 500mL [医薬部外品]

 

厚生労働省の調査(「平成23年歯科疾患実態調査」)によると、30代の約8割が歯肉炎や歯周炎といった歯周病にかかっているという結果が出ています。

痛みがないので、歯周病にかかっていることに自分でも気付きにくいんですよね。

みなさんも、これからは歯周病に注意してみてはどうでしょうか。

 

それでは、また。

 

おすすめ記事

多くの男性の悩み、薄毛・抜け毛の克服体験記
AGA克服体験記

 

ミノキシジルタブレットブログトップページに戻る

Pocket