私が使った育毛剤プロペシア・フィンペシア・ミノキシジルタブレットの効果・副作用

あなたのおじいちゃんはハゲですか?ハゲが遺伝する確率

ハゲが遺伝する確率

 

世の中の多くの男性が男性型脱毛症(AGA)による薄毛・抜け毛に悩まされています。

まだ髪に問題が見られない男性も、「自分も将来ハゲるのではないか?」という不安を抱えています。

 

自分の髪が将来どうなるかについては、

「ハゲるかハゲないかは、祖父に似る。」

ということがよく言われます。

 

これってどの程度あてになるんでしょう?

 

 

 ハゲに関係している遺伝子

ハゲるかハゲないかには、遺伝が深く関係しています。

ハゲに関係すると考えられる遺伝子はいくつか見つかっていますが、代表的なものにアンドロゲン受容体遺伝子(AR遺伝子)があります。

 

「ハゲるかハゲないかは、祖父に似る。」という話がどの程度当たっているのか、この遺伝子で説明することができます。

まずはAR遺伝子がAGAによる薄毛・抜け毛にどのように関わっているのか見てみましょう。

 

アンドロゲン受容体遺伝子(AR遺伝子)の働き

AGAによる薄毛・抜け毛の原因は、アンドロゲン(男性ホルモン)の一種であるテストステロンが変化したジヒドロテストステロンという物質です。

【AGAの原因の詳細はこちら⇒AGA(男性型脱毛症)とは?

ジヒドロテストステロンが髪の毛の根元にある毛乳頭細胞のアンドロゲン受容体と結びつくことによって、薄毛・抜け毛が起こるのです。

 

このアンドロゲン受容体を作っているのがAR遺伝子です。

 

アンドロゲン受容体遺伝子の働き

 

そして、AR遺伝子の構造の違いにより、ジヒドロテストステロンに対する感受性も異なります。

高感受性になるAR遺伝子を持っていると、ジヒドロテストステロンの効果が強く表れ、薄毛・抜け毛になりやすいと考えられています。

 

AR遺伝子が遺伝する仕組み

次に、AR遺伝子がどのように遺伝するか見てみましょう。

 

AR遺伝子は性染色体のX染色体上にあることが分かっています。

男性の性染色体はX染色体とY染色体がペアになっており、女性の性染色体はX染色体同士がペアになっています。

 

性染色体は、親から子へ下図のように受け継がれます。

 

性染色体が伝わる仕組み

 

男性のX染色体は必ず母親から受け継ぎますから、AR遺伝子も母親から受け継いでいることになります。

 

自分がハゲ遺伝子を持っているかどうか、どうすれば分かる?

じゃあ、自分が高感受性のAR遺伝子(以下、ハゲ遺伝子と呼ぶ)を持っているかどうか、母親を見れば分かりそうですよね。

でも残念ながら、そうはうまくいかないんです。

女性の場合、ハゲ遺伝子を持っていたとしても女性ホルモンの影響によってハゲることがないので、ハゲ遺伝子を持っているか判別できません。

 

しかし、母方の祖父ならハゲ遺伝子の影響が表れるので、祖父を見れば母親がハゲ遺伝子を持っているか推測できます。

さらには、自分がハゲ遺伝子を持っているかも推測できるんです。

 

では、X染色体(AR遺伝子)が祖父からどのように伝わるのか見てみましょう。

 

AR遺伝子が伝わる仕組み

 

X染色体を区別するため、祖父のX染色体をX1、祖母のX染色体をX2・X3とします。

そうすると、母親の染色体の組合せはX1X2かX1X3になり、必ず祖父のX染色体を受け継いでいます。

そして、もし母親がX1X2なら自分はX1YかX2Yになり、母親がX1X3ならX1YかX3Yになるわけです。

 

このように自分のX染色体(AR遺伝子)は、半分半分の確率で母方の祖父か祖母のどちらかから受け継いでいます。

ハゲ遺伝子も同じです。

 

祖父がハゲている場合に、自分がハゲる確率

母方の祖父がハゲている場合、自分はどのくらいの確率でハゲるんでしょう?

祖父のハゲ遺伝子が自分にどのように伝わるのか、下の図を見てください。

 

ハゲ遺伝子の伝わり方1

 

図のように、母方の祖父がハゲならば、

①祖父が1つハゲ遺伝子を持っている場合
②祖父が1つ祖母が1つハゲ遺伝子を持っている場合
③祖父が1つ祖母が2つハゲ遺伝子を持っている場合

という3つの場合が考えられます。

 

先ほど説明した『x染色体(AR遺伝子)が伝わる仕組み』に従って考えると、自分がハゲ遺伝子を持っている割合は、

①では、4通り中2通り
②では、4通り中3通り
③では、4通り中4通り

となります。

合わせて考えると12通り中9通り、

つまり、

母方の祖父がハゲている場合、自分がハゲる確率は75%です。

 

祖父がハゲていない場合に、自分がハゲない確率

では、祖父がハゲていない場合、自分がハゲない確率はどうでしょうか?

先ほどと同じように考えてみましょう。

 

ハゲ遺伝子の伝わり方2

 

図のように、自分がハゲ遺伝子を持っていない割合は、12通り中9通りになります。

つまり、

母方の祖父がハゲていない場合、自分がハゲない確率は75%です。

 

まとめ

ハゲに関係している高感受性のAR遺伝子(ハゲ遺伝子)について見てみると、

「ハゲるかハゲないかは、75%の確率で母方の祖父に似る。」

ということが分かりました。

 

ただし、ハゲ遺伝子がどの程度の割合で存在しているのかは考えていませんし、他のハゲに関連した遺伝子の影響、生活習慣などの環境の影響もあるので、この計算通りになるわけではありません。

 

AR遺伝子に関しては、アンドロゲンに対する感受性を遺伝子検査によって調べることができます。

口の中の粘膜を郵送するだけで検査してくれ、価格も1万円程度と非常に手軽です。

気になる方は検査してみるといいと思います。

 

将来の予測がどうであったとしても、薄毛・抜け毛が発症する前から育毛を行うことと、薄毛・抜け毛が発症したらすぐにフィナステリドを飲んで食い止めることの二つが重要だということに変わりはありません。

 

おすすめ記事

フィナステリドで私が薄毛・抜け毛を改善した体験記
AGA克服体験記

Pocket

ブログの更新情報や他のサイトの
オススメ記事を、Twitterでお伝え
しています。

未承認医薬品の広告について

薬機法(旧薬事法)第68条により、日本未承認薬の広告は禁じられています。当ホームページには日本未承認薬である『フィンペシア』・『ミノキシジルタブレット』などの記事が含まれていますが、未承認薬の安易な個人輸入を助長する意図で作成したものではありません。

ブログランキング参加中

クリックして応援してもらえると
うれしいです。




にほんブログ村


人気ブログランキングへ
PAGETOP
Copyright © 薄毛・抜け毛を6年間食い止めた! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.