私が使った育毛剤プロペシア・フィンペシア・ミノキシジルタブレットの効果・副作用

フィンペシアなどの日本未承認薬を通販で買っていいの?

未承認薬

 

フィンペシアなど日本未承認の医薬品は薬局では購入できませんし、皮膚科でも基本的に取り扱っていません。

したがって、通信販売で入手する必要があります。

正確に言うと、通信販売ではなく個人輸入です。

 

未承認薬の国内での販売は禁じられているため、輸入代行業者を通じて個人が海外から直接購入する個人輸入という形をとるわけです。

 

しかし、

日本未承認の医薬品を個人輸入して使用すること自体は違法ではないのでしょうか?

 

私も最初はこの点をあやしく感じ、個人輸入をためらいました。

実際は、承認のあるなしに関係なく医薬品の個人輸入とその使用は薬事法で認められており、合法です。

 

個人輸入する場合、原則として、地方厚生局に必要書類を提出し、販売のための輸入でないことの証明を受ける必要があります。

ただし、以下の場合は、税関の確認を受けるだけでよく(つまり、税関を通過すればよい)、書類の提出は必要ありません。

  • 自分自身で使用する場合(販売・譲渡してはいけない)
  • 1ヶ月分以内の量を輸入する場合

 

私はフィンペシアを100錠(およそ3ヶ月分)購入しているので、厳密には書類を提出しなければなりませんが、提出していなくても今のところ問題はありません。

何万円分もの大量の薬品を購入したりしなければ、問題はないようです。

 

また、個人輸入代行業者についても薬事法でルールが定められており、それを守っている業者は合法です。

 

おすすめ記事

医薬品の個人輸入代行業者の問題点とは?
ミノキシジルタブレットブログ:ねらわれた医薬品の個人輸入代行業者

 

AGA克服体験記に戻る

Pocket

ブログの更新情報や他のサイトの
オススメ記事を、Twitterでお伝え
しています。

未承認医薬品の広告について

薬機法(旧薬事法)第68条により、日本未承認薬の広告は禁じられています。当ホームページには日本未承認薬である『フィンペシア』・『ミノキシジルタブレット』などの記事が含まれていますが、未承認薬の安易な個人輸入を助長する意図で作成したものではありません。

ブログランキング参加中

クリックして応援してもらえると
うれしいです。




にほんブログ村


人気ブログランキングへ
PAGETOP
Copyright © 薄毛・抜け毛を6年間食い止めた! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.