私が使った育毛剤プロペシア・フィンペシア・ミノキシジルタブレットの効果・副作用

4.薄毛治療で病院へ、プロペシア使用開始

もはやためらっている余裕はない。

私はAGA治療が受けられる最寄りの皮膚科をネットで探し、すぐに行ってみた。

 

皮膚科では、問診の後、フィナステリドの錠剤『プロペシア』の説明を受けた。

最初は28錠(プロペシア一箱)を処方してもらい、薬がなくなったらまた来るように言われた。


↑ 個人輸入代行「オオサカ堂」:『プロペシア』のページへ
   (写真は海外版『プロペシア』)

 

待ち時間を除けば、かかった時間は全部で10分ほどだったと思う。

皮膚科でのAGA治療は思ったより手軽なものであり、とても助かった。

私は皮膚科での治療を大げさに考えていたので皮膚科に行きづらく感じていたが、こんなことなら早く来ていればよかったと思った。

 

ただ、問題だったのは、薬の価格が高いということだ。

私が通っていた皮膚科では、このくらいかかった。

『プロペシア』28錠と診察費
初回:12,000円程度
2回目以降:7,500円程度

また、薬が切れる度に皮膚科に行き、問診・血圧測定・尿検査を受けなければならないというのは、手間がかかり面倒だった。

 

ともかく、こうして私は『プロペシア』での薄毛対策を開始した。

 

【次ページ】
『プロペシア』を飲み続けること半年、ついに効果が表れた!
5.プロペシアの効果が表れた!初期脱毛・副作用は?

Pocket

ブログの更新情報や他のサイトの
オススメ記事を、Twitterでお伝え
しています。

未承認医薬品の広告について

薬機法(旧薬事法)第68条により、日本未承認薬の広告は禁じられています。当ホームページには日本未承認薬である『フィンペシア』・『ミノキシジルタブレット』などの記事が含まれていますが、未承認薬の安易な個人輸入を助長する意図で作成したものではありません。

ブログランキング参加中

クリックして応援してもらえると
うれしいです。




にほんブログ村


人気ブログランキングへ
PAGETOP
Copyright © 薄毛・抜け毛を6年間食い止めた! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.